ヤフーニュース

    渋谷凪咲 キャラ作るのはやめた:ニュース読みました

    どもー、たまなです。

    ヤフーニュースで気になるのを読んで感想を書こうのコーナーです。

    トレンドブログじゃないから内容をリライトするとかそういうことはしないよー。

    NMB48渋谷凪咲が語った「バラエティーは不完全燃焼」と「ここだけは貫く正義」

    NMB48の渋谷凪咲ちゃん。

    関西では「なぎぃ」の愛称で親しまれてる凪ちゃんだけど、めちゃくちゃ可愛くてすごく好き。

    ※普段はなぎぃって呼んでる。

    最初は天然ちゃんなんかなーと思ったけど、クイズの回答とか、コメント振られた時の大喜利センスが本当すごくて、すごい恐ろしい子。

    凪ちゃんの性格がいいのは見てたらわかるって感じだし、だからこそ引っ張りだこなんだろうなーって思うんだけど、

    この記事を読んで「ほんまにえぇ子やん」ってなったので、気が向いたら読んでみてね。

    私、緊張していないように思われるのですが、メッチャ緊張します。でも、番組に呼んでいただけることなんて、この人生で何度あるか分からないじゃないですか。なので、全力で噛みしめて楽しもうと心掛けています。

    なんて謙虚な…。すごいねー。

    25歳で天狗にもらなず、こういう風に話せるのはすごいし、

    ゆっくりな話し方とか笑顔とか、自分ではいやだなって思ってたことが、NMB48に入って「いいね」って言ってもらえて長所になったって話とか、

    えぇ話やなぁと思う。

    凪ちゃんに芸能界入りを勧めたおばあちゃんグッジョブ。

    “代わりのきかない立ち位置を築く”

    ちゃんと考えてやってるところも格好いいし、実際代わりのきかない立ち位置になってると思う。凪ちゃんすごい。

    キャラ作りに関しては、やっぱりみんな悩むところなんだなーと思いました。

    規模は違うけど、たまなでさえ10年以上悩み続け試行錯誤し続けてきたところ。

    圧倒的多くの人たちから見られるアイドルなんて、本当に重圧もすごいだろうし、そんな中で見られながら悩み続けて、試行錯誤し続けられる精神力ってどんなんやねんと思います。

    すごい。

    凪ちゃんがアイドル生活9年間は大変だったって話してる話はもう涙なしでは読めないというか、きっつい世界やなーと改めて思うし、

    なんか好きでやってることだし、本人たちも自分のためにやってるからいいんだろうけど、若い女の子にとっては過酷すぎるように思えなくもないなーという印象。

    アイドルの世界・芸能の世界はそんなもんなんだろうけど、そんなもんという言葉で片づけられていることが多すぎる気もしないでもないので…。

    まったくの部外者ながら、そういう業界もちょっとずつよくなっていくといいなと思いますが。

    トイレの話も素晴らしいよね。

    いいよ、誰かがやるよ実際。でも、それじゃダメだって思えるところがすごい。素敵。

    例えば「こんなことあって、こんなこと言われたんだけど、どう思う?」って聞くと、「それは自分にも非があるんちゃうか。何かその人に対して嫌なことはしていないか、一度自分に矢印を向けろ」と言われます。

    ご両親の「一度自分に矢印を向けろ」っていう言葉も素敵。泣ける。

    可愛い娘がいやな思いをしてるなら「なんだ、そいつは」って言うことだってできるのに、あえて厳しくちゃんと伝えるところがすごい。

    「渋谷凪咲」個人としてちゃんと戦えるようになるまで、もうちょっと力を貸してもらって、力をつけていきたいと思っています。

    今の私には生き残って勝ち抜けるくらいの実力はまだないので、ちゃんと突き抜けて立ち位置を見つけたら新たなことに挑戦したいです。

    どんだけ謙虚やねーんと思った。

    今でも充分なぎぃとしての立ち位置を確立してるように見えるし、力もあるように見えるのに、慢心することなく頑張ってるのってやっぱすごいし、応援したくなるから、

    凪ちゃんが人気あるのは改めて納得だし、掲載されてる写真もめちゃくちゃ可愛いなと思いました。まる。

    JOSHINのCMとかもめちゃ可愛い。

    ネットでもジョーシン♪おうちでもジョーシン♪ってやつ。