カウンセリングとはどんなもの?

たまなが考えるカウンセラーの役割(基本編)

活動開始当初からブレてない基本軸です✨

珠菜
珠菜

どんな目標もゴールも、自分のいる場所からスタートするしかなくて、カウンセラーの役割は、今相談者さんがどこにいるのかを一緒に確認して、行きたい場所に行くにはどの方角に歩き出そうかって、相談することにあるんじゃないかなって私は思う。

このツイートにすべてが込められてるのかなーという気がします🍀

人がどこにいようと、過去がどうであろうと、人とはスタート地点が違ってようと、今いる場所からスタートするしかないんですよね…。

それはある意味、とても厳しい現実です。

人生って、時に不公平で理不尽なものですからね😢

そういう厳しい現実をしっかりと見据えて、「じゃあどうしていこうか」と

相談者さまにとって実行可能な方法を一緒に考えていくことが、カウンセラーの役割だと思います。

現実を見ることはとてもおそろしいことだし、いやなことだし、一人では心細い時もあると思います。

そういう時に、カウンセリングを使ってみるのもいいのではないかなと思います。

結局、「今自分がどこにいるのか」「どんな状態なのか」を知って、それを受け入れない限りは、そこから建設的な方向に踏み出すのは、むずかしいことだったりもします。

なので、カウンセリングでは、相談者さまのお話をおうかがいしながら

・現状認識から始めるべきか
・すぐに解決策を実行できる段階なのか

などなど、「今、相談者さまにとって、なにをすればいい段階なのか」ということを丁寧に考えて対応していきます。

必要以上に長引かせることはありませんが、初めてお話する相談者さまの情報を共有していただくために

5分10分で済む…ということはないですね💦

相談者さまの「状況」を聞くだけでは不十分で、その状況に対して「どう思っているか」というお気持ちもしっかりと確認していきます💗

なにから話していいかわからない状態でも、ご質問などを交えながらおうかがいしますし

なるべく早めに進めていきたい場合は、事前に悩みの状況をまとめて、話しやすくしておくのもいいと思います。

ただ、どれだけ急いでいるといっても、心の変化には時間が必要なケースも多いです。

解決に向かうため、満足な結果を得るために必要な時間は、お一人お一人異なりますので、その点はご了承くださいね✨

※ご案内※
これはたまなのカウンセリングだから特別にそうだ…というわけではなくて

カウンセリングというものが、基本的には継続を視野に入れたものなので、その点はご理解いただければと思います。

ただ、たまなのカウンセリングは単発で受けていただくこともOK、ご継続は相談者さまにお任せしています。

ご自身のご予算とお気持ちの状況に合わせて、臨機応変にご利用いただけるのが使いやすいところかなと思っております✨



たまなのカウンセリングは、現在、新規受付をお休みしています。

 

えー、そんなこと言わずに相談させてよーという方は、お問合せください。(対応できるかどうかは状況によります)

 

▼たまなの現状については↓クリックしてリンク先をお読みください。