カウンセリング色々

カウンセリングを身近に…する必要ある?

珠菜
珠菜

カウンセリングを
身近にする必要はない

必要な人に
届けばいいだけであって

なんかそんなことも感じた

カウンセリングを身近にすること

ではなくて

それぞれの人たちが
自分の悩みを自覚すること

もっと自分の人生を
大切に生きることが大事で

そのために
カウンセリングという選択肢がある

ある日のツイート。

われながらいいこと言ったなぁって感じがあって、結構反応も頂けたツイートでした。

特にフリーでカウンセリングをしているカウンセラーさんって、自分も含めて「カウンセリングを身近に」みたいな標語を掲げてることが多いんだけど、

でも、よくよく考えてみて、「カウンセリングを身近に」する必要はないのかなとこの時は思ったんですよね。

本当に困って必要であれば、カウンセリングを受けるという選択肢が見えてくるだろうし、

とはいえ、カウンセリングという選択肢が見えず、知らずに行き詰ってしまう人もいるから、カウンセリングというもの自体を選択肢のひとつとして発信していくことは重要だと思うんだけど。

それって=「カウンセリングを身近に」ではない気がした。

カウンセリングなんて、受けずにすむならそれが一番だし、珠菜としては、カウンセリングを身近にしてもらえれば嬉しいんだけど、

それってカウンセラー側の主張でしかないなーって思ったのかな。それが大きいかも。

相談者さまのことを思えば、悩みの解消先はカウンセリングである必要はないし、カウンセリングがそのために役に立つものであるという選択肢は持っててほしいけど、

カウンセリングが万能ってわけではないですからね。そこですね。

ある意味、言葉遊び的なツイートではあるけれど、大切なところだと思う。

「みんなが言ってるから、それが正しい」ってことはなくて。

色々な言葉を、自分にとってどういう意味で発信しているか、見つめ直すことはとても大切だと思ったので、ツイートしました。



珠菜のメールカウンセリングは、現在、ココナラさんでご提供しています。

 

無料の会員登録は必要になるのですが、退会しない限り、カウンセリングの記録を読み返すことができたり、システム的にも使いやすいサイトです^^

 

もしよければ、相談先の候補として、ご検討頂けると嬉しいです。

 

▼珠菜のカウンセリングご希望の方は↓クリックしてリンク先をお読みください。